YAMAP無料会員ダウンロード数は不便なのか?

このブログでも何度か紹介している登山アプリYAMAPですが、2021年3月1日から無料会員の仕様が変わります。

無料ユーザーが1ヶ月あたりにダウンロードできる地図の数が2枚までに変更となります

無料ユーザーが端末に保存できる地図の枚数が2枚までに変更となります

YAMAPプレミアムユーザーはこれまで通り、ダウンロード数無制限でご利用いただけます

(https://info.yamap.com/archives/2661から)

2月1日に発表があったようですが、全く知りませんでしたw SNSで検索するとかなりのブーイングなんですね。退会してヤマレコに引っ越そうとする人も多いようです。ヤマレコもダウンロードは2枚ですが、削除すれば何度でもダウンロードできる点が大きく違います。

目次

ダウンロードの必要性とは?

地図をあらかじめダウンロードしておき、電波のないところでも地図上の自分の位置を把握しながら歩ける ということです。つまり地図をダウンロードせず電波のない登山口に行ってしまうと何もできませんw わずかに電波があってもダウンロードに時間がかかるのです。ただしGPSは電波に関係なくログをとれるので、「ウォーキング」機能を使えばトラックを残せると思いますがー。

登るか確定していない場合でもダウンロードしたり、急遽行く場所が変更になることもあります。1度の縦走に複数地図必要な場合もあります。月2回限定ダウンロード制限というのは確かに不便ではあります。

trek - YAMAP無料会員ダウンロード数は不便なのか? -

ただし地図ダウンロード以外にメリットを感じない

わたしがYAMAPに対してずっとモヤモヤするのは、有料のメリットを全く感じない点です。ここ2年ほどの間に次々と機能を増やしているYAMAPですが、いったい誰にどれだけの需要があるの?と言いたくなるほど不要オプションばかり。無料でも使えるモーメント、紅葉マップ、積雪モニター、バッチ取得などどれだけの要望を受けて作ったのか・・・この不用品の開発費・運用費がかさんでダウンロード制限に至ったのならニーズに向けたビジネス設計がズレてる気もします。

個人的に必要なのは「他の登山者の軌跡ダウンロード」です。マニアックなルートや沢登りはこれが便利!ほかは本当にどうでもいいと思ってます。

trek - YAMAP無料会員ダウンロード数は不便なのか? -

ヤマレコはそんなにいいのか?

過去記事でも紹介してきましたが私個人はヤマレコは好きではありません。広告がウザいから。
結局無料会員から広告クリック収入を得てるのに無料会員の制限が多い!というのが私の感想。ヤマレコはユーザー年齢層が高いので結構クリック収入あると思うんですけどねー・・・広告表示はデータ消耗もしてますし。
YAMAPは無料ユーザーでも広告のない山行記事を閲覧できるのが強みです。

ヤマレコはサーバーが弱いのか、総容量、1か月写真の容量、高速表示に関して有料と差別化させています。検索機能に関してはYAMAPもかなり使い物にならないレベルなので比較しません。非公開件数制限、フォロー制限、下書き制限などYAMAPとはかなり違ったポイントを区別しているようですね。

trek - YAMAP無料会員ダウンロード数は不便なのか? -

YAMAPの2地図ダウンロードの原因はユーザーにもある

YAMAPには地図作成のリクエスト機能があります。1つの地図の範囲を広げればいいのに、ローカルの小さな公園まで続々と新規で登録されています。4年前とは桁違いの登録数です。首都圏周辺が100+の地図数があるのに北アルプスは80+です。山だらけの東北の地図数は極めて少ない。東北やアルプスを縦走するとき1つの地図でかなりの範囲を網羅できるのに対し、里山や小さな公園などを歩く人は都度ダウンロードが必要になります。

個人的にもメジャーな登山道より里山の方が危険が多いとは思いますが、ちょっとしたハイキングコースならウォーキング機能で事足りると思うのですがー 巷では何がそんなに不満なのか謎ですw SATOYAMAPとか姉妹アプリでも作ればいいのに。

YAMAPとヤマレコはターゲットが全然違う

比較記事がたくさんありますが、似て非なるものです。ざっくり見るとYAMAP=若年層、ヤマレコ=中年層という気もしますが、人の山行記録や自分の記録を振り返ってゆっくり読むならYAMAPだと思います。

YAMAP

・記録する側のニーズに合っていないといろいろ不便に思うことが多い(開発者側の拘りや好みが非常に偏っている)
・とにかく見た目をシンプルに、読み物として集中できる快適さを実現している(写真も大きく文字も読みやすい)
・安全機能の充実
・距離や時間の間違いが多い?らしい
・山版SNSって感じ。うざいコメントも多く、信ぴょう性のない記事も目立つ。
・いろんなブランドとのコラボ商品

ヤマレコ

・古参(年寄り)が多い。
・昔ながらの”ホームページ”風で(楽天みたいなもんです)画面上に雑物が散乱しているイメージ。
・そういうユーザーをターゲットにしているため拍手やフォロー保存数などにせこい制限が多く、総容量制限など古いブログサービスのような規制がある。
・記録する側としてはかなり詳細に書き込める
・山版ブログサービスって感じ。コミュニティも熱い。
・「山と高原地図」やAppleWatchなどの連携

私個人の好き嫌い

YAMAPウォーキング機能で問題ないのでダウンロード数に不満がない。
YAMAPの開発・設計者の好みを押し付けられている気分で、有料機能にメリットがない。
YAMAPのデザイナーらのイケスカした感じが鼻に付くw
広告非表示、非公開保存数や容量制限など、有料にしないとヤマレコは使い物にならない。

というわけで私はやはりYAMAPに停滞すると思います。YAMAPにモヤモヤした不満はあっても、ヤマレコは私の使い方には適していない。ヤマレコで記録とってYAMAPに取り込むかもしれませんが。
話を戻すと・・・2回制限ダウンロードの不満をSNSに流している人というのはどういうレベルなのか?ガツガツ登っている人ほど文句はなく、あるいは「そうなんだ、じゃあ有料にしよう」とシフトしている人もいます。
YAMAPユーザー層が悪くなってるので、無料で様々な機能を使っておきながらそんなセコいこと言ってる人が去っていくなら私は望むところです(;^ω^)

それに・・・登山者なら、紙地図は当然持ち歩いてますよね? と言いたい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる