ハノイで泊まるなら空港送迎してくれるブルースカイホテルがおすすめ

更新日:

ベトナムというのは世界でも指折りの人気観光国であり、その安さ・食事・外国人対応は確かに魅力的。逆に鼻につくのが「カネ」への執着で、美しい風景や経験も台無しにしてくれるほどイラつく場面も多々ある国です。。とくにハノイはベトナムの中では物価が最も高いと言われてる場所。

Hanoi Blue Sky Hotel

空港送迎あり!

空港からハノイ旧市街へはタクシーで約350,000ドンらしい。本当に乗れるだろうか・・・と不安に思ってたら300000ドンで送迎してくれる宿を発見!ホテル設備のレビューも高いし即予約。 他のお客さんと乗り合いのため、空港で30分ほど待たされたけど問題なく宿に到着。
Noibai International(ノイバイ国際空港)周辺のホテル
ハノイでバックパッカーが多いエリア(Hanoi Backpacker Quarter)

ちなみに町で出会った日本人は空港から旧市街へ500,000ドン払ったとか。

vt1406152

建物、細っ!!
これはハノイでは普通の光景。OldTownの中では端の方だけど、静かで良いかも。ほんとウルサイ町ですよ、まじで。
オールドタウン(Old Quarter)
ホアンキエム湖周辺(Hoan Kiem)

vt1406163vt1406151

わたしは1階にある窓なしの一番安い部屋に3泊。破格で掲載されてる部屋はだいたい窓がないパターン多し。
1泊1100円、すごく綺麗な部屋で、エアコン・シャワー・トイレ・TV・wifi・・・と文句なしの設備です:-)
ちなみにこの値段はちょっと高い方です(゚д゚)!が、この設備を整えるなら相応。

vt14061510
vt14061611

無料朝食付き。(ほとんどの宿が無料朝食です)
超シンプルだけど、十分ですね(・∀・)写真のほか、フルーツも出してくれますよ。お茶とベトナムコーヒーはいつでも飲めます。
口コミ通り、スタッフがみんなフレンドリーで親切でした。朝・昼・晩と3人のスタッフと色々話しましたが、みなさん英語も堪能で事がスムーズ。ツアーや交通手配はもちろん、オススメのレストランなども教えてくれます。

ハノイ市のこと

ハノイと言ってもすごく広くて、旧市街エリア、教会エリア、タイ湖エリアなど様々です。
写真の通りすごくゴミゴミした地域で、何千もの宿が詰まってる。ハノイだけで3000軒ほどあるそうで、検索するのも一苦労。地域別に分かれてますが、ほぼ徒歩圏内ですw

サイトや雑誌によって旧市街、オールドタウン、オールドクォーターなど呼び方が違うので注意。

この宿からナイトマーケットは徒歩3分くらい。ホアンキエム湖は徒歩15分くらい。ハノイ大教会(=セント・ジョゼフ教会)やホーチミン廟は徒歩20分~かかりますが、古びた騒がしい町並みを見ながら歩いてるとそんなに遠くは感じませんでした。

[LocketsGMaps placeid="ChIJeY1cq76rNTERnByU5oQJHIw"]
Hanoi Blue Sky Hotel
Noibai International(ノイバイ国際空港)周辺のホテル
ハノイでバックパッカーが多いエリア(Hanoi Backpacker Quarter)
オールドタウン(Old Quarter)
ホアンキエム湖周辺(Hoan Kiem)

昔からバックパッカーの聖地としてタイと並んで欧米人観光客が多いベトナム。宿・交通・ツアー会社の英語力は日本と比較にならないほど流暢です。
日本人旅行者も多くツアーも豊富。ベトナムについては日本人観光客や代理店がたくさんブログを書いてるので困ることは少ないと思いますよ。

ハノイ宿泊のコツ

写真の通り細長ーい建物がびっしり並んでるのが特徴。ミャンマーのヤンゴンも同じ感じ。
そして500~2000円で超綺麗な部屋に泊まれる。部屋も狭くない(日本のビジネスホテルの方がずっと狭い)

ということはエレベーターないんですよ。あるわけないですよ。
というわけでスーツケース旅行者は、むしろ最安の1,2階部屋で泊まる方が楽。べつにハノイで窓からの景色期待する必要ないと思うし。
vt1406152
バイク音がとにかくうるさくて、どこに泊まっても同じ。どうしても嫌なら大きいホテルの高フロアに泊まってくださいw

でわまた


旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ベトナム
-,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.