ハノイ郊外で美味しいバインクオンとホームステイ!

更新日:

今日はハノイ郊外でホームステイ。わざわざ行くべきなのか迷ったが、ハノイ中心地だけではベトナムの印象悪すぎるし、まぁとにかく仕事を静かな場所でしたかった。

市営バス40分ほどで着いてしまうので、昼過ぎまでは市街地をウロウロする。
とりあえず朝食をゆっくりとって、ダラダラ。。。したいが暑い。甘いベトナムコーヒーがつらい(T_T)

チェックアウトして、またBuddy Coffeeへ。

バス停まで歩いて20分ほどある。Googleマップを眺めてると「Hanoi Street Train」という場所を通るらしい。面白そうなので向かってみる。
おおお!予想的中!!と思ったがすでに観光地化されてる雰囲気。欧米人がいっぱい写真撮ってる(-_-;)

とにかくバス停は確認した。大通り沿いなので食べるところがありそうで....ない。なぜかBBQと書いたレストランばっかり並んでいるけど、そんなもん暑いのにいらない。

もう限界で、完全に英語通じないのを覚悟でローカルなレストランへ。案の定まったく通じないが、市街地と違って目を合わせて理解はしてくれようとする。
食べるジェスチャーを繰り返してなんとかなった。たぶん貸し切りで、奥でパーティーやってた感じだけど。すいません金払うので食わせてって感じ。

とにかくある物で適当に作って出してくれた感じ。いま思えば魚介類とか出てこなくてよかった。。。
肉、青菜炒め、テールスープ、コーラ。掻き込んでお腹いっぱい。屋台で食うより倍以上の値段だったけどまぁいいや。400円。

バスに乗り込む。一律7000ドン。よほど遠い所まで行かない限り7000ドンでだいたい行ける。バススタッフみたいな若い奴が無言で手を出してくる。
金額もチケット見せてくるだけ。頑なに無言。いらつく。。。。
ベトナム人には異常な閉鎖感とか偏固で頑固な感情を感じるから「通じない英語」を話すのが恥ずかしいのかな。とにかく嫌い。

お気に入りにマークしといた場所に近づくのをずっとGoogleマップでGPSを辿る。海外に慣れることなんて絶対ない。とくにベトナムは気が抜けない。

ベトナムハノイ空港から旧市街や駅に路線バスで行く安全な方法

続きを見る

ハノイ旧市街地が異常に狭苦しいだけで、郊外に出ると広々してる。なんか見たことあるような景色。

この辺は玄関門に巨大な鍵がかけられてる。物騒なのかなぁ
立派なお家にお邪魔してゲストルームへ。すんごい広い。完全にスイートルーム!!これで10ドルなんて~★
この家も門錠や針金がすごかった。ちなみにお母さんは英語の先生、お父さんは大学の先生。娘は九州にいるらしい。いかにも金持ち。

近くにコンビニがあったのでウロウロ。旧市街地は日用品の町なので、ちょっとしたお菓子やジュースを見つけるのが面倒くさい。あ、やっぱり魔法の粉と信じ込まれてる「味の素」売ってる!!
味の素使ってる日本人ているのかな~(゜_゜)

どこの国でも同じだけど、都会よりも畑しかない田舎よりも、都会の郊外の方がその国の生活が見える気がする
細い路地、汚い壁と配線。なんかあったらおしまいだよな~と思いながらウロウロ。あとね、東南アジアって犬が多い!怖いから!!

えっ.... 行き止まりというか、檻というか。下等と上流者を隔てるような柵で出られないようになってた。
ずっと歩いてきた道↑とまったく違う世界が向こうに見える。タイでもたまに見かけたけど区画で区切って入口に警備を駐在させるような高級住宅街ってやつかな。

大通りに出ても、服屋・美容院・モバイル店ばっかりだ。郊外の大通り沿いではプラ椅子並べて食事しないんだな~

あと、やたら多いのがデザートのお店。
察するに「あんみつ」のような感じっぽい。Chè って書いてあったら間違いない。好きじゃないのでスルー。
それにしても旧市街歩くよりよっぽど楽しい。人も目を逸らさないし、静かだし。「はろー!」とか言ってくる人もいるし。

実は、フォーもいまいち興味がない。暑いのに熱いもの食べたくないし。。。と諦めてたらバンクオンの文字!!!
おととい食べたバンクオンの写真を見せたらOKOKと言われたので入ってみる。入ったと言うか車庫みたいな場所。
初日の店もそうだけど、場所をとらずに作れるものなんだなぁ。野菜を切っておいて、蒸し器を準備しておけば作れそう。

中心街も良い店見つけて破格だったけど、こちらは倍くらいのボリュームでもっと安かった。付き物も多いし。
蒸し春巻きなんだけど、この店は挽き肉のみ。店によって具が違う。汁に入ってるかまぼこ?がおかずみたいな状態で、ハーブ、唐辛子、ライム、お酢などと併せて食べる。
ベトナムのハーブ=パクチーと思い込んでる人がいるみたいだけど、そんなに頻繁には出てこない。
むしろ大葉、コリアンダー、バジル、ミント...など。味付けも見た目も軽食に見えるけど、米粉蒸し春巻きなので、けっこう腹に溜まる。

↓この光景、見かけたら食べてみてね

ちょっと不気味な路地を抜けて帰宅。スイートな部屋でゆっくりシャワーと仕事しながら、やっとまともに寝れた感じ。

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ベトナム
-, ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.