新潟県

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦

東北旅行中に知った新潟県最北の村上市。鮭が有名ですが、城下町だった町屋が並ぶ風景も興味深く、必ず立ち寄りたかったスポット。
しかし雨!!滞在時間は短かったけど「絶対また来る」と思えるステキな町でした。

越後最北の城下町を散歩

よくある伝統的建造物群保存地区の無理やり統一された色使いが気になりましたが、まだほんの一部。職人の作業場となった町屋が並び、水産加工商店が並び寺町もあります。金沢をギュッとした感じ( *゚ェ゚)!
こういう城下町なので車を停める場所が少なく、雨だったこともあり、多くは見れませんでした。
新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1503 1500x1000

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1511 1500x1125

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1519 1500x1125

この時は「町屋の屏風まつり」開催中で、普段は入れない町屋の中に入って建物内や立派な屏風を見ながら街巡りをする企画中でした。
今はあまり立てることもなくなった昔から各家に伝わる屏風を町人町一帯の各町屋に展示披露致するには町民の協力があり、洒落たチラシがあるのも「まちづくり」に積極的な地域であることがよくわかります。このほか宵の竹灯籠まつり、黒塀プロジェクト、人形さま巡り等いろいろ企画されているそうです。
新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - IMG 1249 1500x1125

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - tohoku201609 1515 1 1500x1125新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1514 1500x1018

鮭の町村上

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1530 1500x1124

江戸から根付く鮭文化の土地。三面川に放流し、10月下旬~12月に漁が行われます。軒下に塩引き鮭が吊るされる光景は秋の風物詩と言われています。この時は9月でしたが、11月からは町中が鮭一色になるようです。これはぜひ見に来たい!

絶品の生鮭!鮭親子丼

鮭料理のお店はほとんどがランチ営業。夜は料亭のような高級なお店が多く店探しが大変(;`・_・´)
ぐるぐる回ってやっと営業してるお店発見!

生鮭とたっぷりのはらこ!鮭がトロトロ~この親子丼はおすすめです!

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160922 tohoku201609 1536 1500x1125

\ふるさと納税を利用してお得に村上の鮭を堪能しよう‼/

この後は高速道路で一気に南下。小千谷の道の駅で就寝。
のんびり十日町を走って津南町へ。

豪雪エリアにいろいろ興味

とにかく道が広い。たぶん除雪した雪壁のために広いんだけど、その道沿いにある家が1軒1軒でかい。村落ではなく国道沿いの家が小寺のように立派なのが印象的。
米どころでもある十日町・津南町という大豪雪地帯を抜けてランチする場所を探します。

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1539 1500x1125

津南の蕎麦が有名らしいよ

知らなかった。新潟県=蕎麦なんてイメージないですよね?!有名店は閉まってたので津南駅にあるかねさま蕎麦へ行ってみました。駅にあるってのが微妙だったけど、これが当たりで(o'∀')

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 170226 23 3新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1548

かねさま御膳を注文。盛りそば、天ぷら、そば豆腐、けんちんそばがきのセットです。"そばづくし"ってやつ。

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1552 1500x1125新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1553 1500x1125

そば豆腐がめちゃくちゃ美味~!!

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1554 1500x1125

まずは蕎麦の風味を楽しむために「塩」で食べてほしいとのこと。コシの強い蕎麦に有名な新潟の藻塩をつけていただきます。
かなりコシが強く、しっかりとした歯ごたえのお蕎麦です。特徴的なのは粉っぽくなくて、ツルツルしていること。藻塩で食べると蕎麦とは違うものを食べてる感覚。
新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1559

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1549 1500x1125

つなぎにオヤマボクチと布海苔

山ごぼう(=オヤマボクチ)の葉の繊維をつなぎに使うことで独特のコシが生まれています。山ごぼうを使用した蕎麦は長野県にもあり、同じく固い蕎麦として親しまれています。更科や戸隠そばとは真逆のタイプです。

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 170226 22 2

ツルツルの秘密は布海苔!

蕎麦のつなぎに、「ふのり」を使う地域は、魚沼地方ならでは。なめらかでツルツルした食感に変わり、蕎麦も少し青みがかった色になります(ふのりを煮詰めると緑色になる)。
山ごぼうだけをつなぎに使った蕎麦より格段に美味しさ、食べやすさが違います d(・д・。)

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 20160923 tohoku201609 1560 1500x1125

新潟グルメ!村上の鮭と津南の蕎麦 - 170226 17 1

歯ごたえとコシのある翡翠色の蕎麦とてんぷら。けんちん等付いてくるとかなりボリュームある食事になります。数量限定で早々に店を閉めてしまう蕎麦屋が多い中、通しで19時まで営業してるのはありがたいですよね。ぜひご賞味くださいませ~私のイチオシ蕎麦屋です!

[LocketsGMaps placeid="ChIJKzECWsb89V8RXrB59TCQ4G4"]

-新潟県
-,