ポルトガルの年末年始 (クリスマス編)

更新日:

12月13日ポルトガルに入国。基本的には田舎を周る旅でしたが、クリスマスはポルト・年越しはリスボンと決めてました。
この2大都市に興味があったわけじゃなくて、地方の店は全部クローズすると思ったから

生ハムとチーズ

超カトリックなポルトガルなのにクリスマスに特別感がない

アジア人が真似るクリスマスというのは欧米、とくにヨーロッパをイメージしてますよね。本場というのも変ですが、こちらはテキトーにライトアップしてサンタの看板並べるくらい。ポルトガルはワイン、チーズ、生ハム産地なので年中食べてる。
お菓子↓も、彼らにとっては郷土菓子。卵料理、とくにプリンは最高◎
pt-3655 pt-2836
私たちがオサレでレトロで可愛いと思う色味やデザインは、彼らの街そのもの。中世の建物なんてどこにでもある。
日本の建設は大きな先入観を残したね。
私にはさびれたラブホにしか見えないよ。
ok-1264
ポルトガル人は狂ってるかのように鱈の干物(cod)を食べます。レストラン行ってもこればっかり。しかしアイスランド産(゚⊿゚)!!
クリスマス前はスーパーで競りのように売ってます。もはや食品に見えない。
pt-00699

雑貨店や土産屋に並ぶ商品も、クリスマス用ではありません。人口の9割がカトリックのポルトガルでは、年中売ってるもの。
日本の仏具店と同じですよ。
pt-01646 pt-5873

イルミネーション★

クリスマスとしての特設ステージは、こういったものが多いです。各地の広場や教会で見かけました。
馴染めないね、日本のようなキャラクター感がなく、リアルな再現がちょっと怖かった。
pt-00888

12月21日。ギマランイス(Guimarães)旧市街。人を避けて夜中に撮ったわけではなく、夜7:30です。
全員ディナータイムだったのかなあ。
あの・・・ここ世界遺産です!!!
pt-1872
サンティアゴ広場(Praça de Santiago) 中途半端なライトがさらに寂しい感じに。
pt-00773

あまりにも閑散としていて、ここが世界遺産だなんて後日知りましたww
いろいろ不安になってきた。早くポルトへ戻ろう。

pt-00765

ポルトで過ごすクリスマス★

23~25日はポルト旧市街のアパートで過ごしたよ icon-smile-o
さぁ、買い出しだー!!!

pt-2851

エ━━(;;゜д゜)━━ッ

pt-2847
pt-2875
pt-240029
pt-240054 pt-2852
pt-2884

(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)ヒイイイィィ
誰もいなーい!!!

DSC01772

リスボンへ行こう♪  首都だから人もいるよ
pt-01523
リスボンでの年越し編も見てね!

超カトリックなポルトガルだからこそ、これが本当のクリスマスというわけですね。

欧米豪州では「クリスマスは家で家族と過ごす」のが習慣で、都会でも比較的お店が閉まってます。海外で働いてても、クリスマスだけは実家に帰る人多いです。
とはいってもね、観光客向けの店は比較的開いてますよ。 色んな国でクリスマスを過ごしたけど、これはヒドイ。いや、こうあるべきなのか。

街で見かけたのは外国人旅行者のみ。みんな彷徨ってました・・・ 教会とか観光施設すべて閉まってて行き場がない (´・_・`)

ゲストハウスでワイワイ過ごしたほうが良かったかな。 こういう時、クリスマスは関係ないアラブ圏の人のお店が開いてるんだけど、ポルトでは見かけなかった。中国人店もない。

ちなみに普段はズラリと路駐車が並び、いまいち素敵な写真が撮れません。レトロな建造物と町並みを撮りたい方はぜひクリスマスにどうぞ。
でわまた 


Booking.com

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ポルトガルまとめ
-, , , ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.