ポルトガル街歩き

ポルトガル中央

トマールからマルヴァオン

今日は、トマール(Tomar)の町を散策し、城塞都市として有名なマルヴァオンまで移動します。 ポルトガル トマールとは? テンプル騎士団の本拠地で、世界遺産のキリスト教修道院が有名なところ。ナバオン川(Rio Nabão)の中流にあり、町のどこからでも丘の上に建つキリスト教修道院を見ることができます。 町の中心にある、レプブリカ広場 この広場に市庁舎とサン・ジョアン教会があり、周辺には、レストラン、ショップが並んでいます。 こちらが、サン・ジョアン教会。残念ながら中には入れませんでした。 キリスト教修道院 ...

リスボン周辺

ポルトガル世界文化遺産シントラ ペーナ宮殿・ムーア城跡・レガレイラ宮殿を巡る

シントラは、町そのものが世界文化遺産に指定されていて、シントラ宮殿やペーナ宮殿、ムーア城跡など見どころがたくさん。その中からペーナ宮殿とムーア城跡、そしてレガレイラ宮殿に行ってみた。 ペーナ宮殿(Palácio Nacional da Pena) それにしても、おもちゃの城というか、なんとも不思議な造りの宮殿です。建築様式、色、形、装飾などに統一感が全くない!え、なんで、どーしてというところが多い。 宮殿は、広大な公園の中にあり、全部をゆっくり見て周ろうとしたら半日以上掛かりそう。 ペーナ宮殿のメインエン ...

リスボン周辺

世界遺産や歴史的建造物が並ぶベレン地区とユーラシア大陸最西端のロカ岬

今日も曇り。ていうか雨。 リスボンの南西に位置するベレン地区は、ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路発見に出発した場所。そこにあるジェロニモス修道院、ベレンの塔、発見のモニュメントなどを見た後、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に行ってみた。観光王道ルートです。某ガイドブックに任せると必ずこうなる。 アクセス ベレン地区には電車やバスで簡単に行けます。街歩きしながら海まで出れば電車1本でBelem駅に到着。 ジェロニモス修道院の近くの無料駐車場 修道院の向かいにあるプラサ・ド・インペーリオ庭園の西側のインペーリオ広場 ...

リスボン周辺

リスボンの街歩き 大聖堂とアルファマ地区

今日はサン・ドミンゴス教会(Igreja de Sao Domingos)とリスボン大聖堂(Sé de Lisboa)に行ってみた。 リスボン サン・ドミンゴス教会 ロシオ駅の少し北側にある、サン・ドミンゴス教会。 中に入ると、壁の色が印象的で、赤茶っぽいというかピンク。 きらびやかな装飾などとは違い、落ち着いた雰囲気で渋い。 リスボン大聖堂 ステンドグラス必見 市内で最も古い教会のリスボン大聖堂は、コメルシオ広場の北東側のアルファマ地区の高台にある。トラムの28E番でアクセスできる。 重厚で大きな扉。 ...

ポルトガル中央

オビドスからリスボンへバス移動

カサドレロジオの朝食はB&Bのような感じ。お腹いっぱい。 オビドス街歩き オビドス(Obidos)は、谷間の真珠と呼ばれていて、周囲に緑が多く丘の上に建つお城と、城壁に囲まれた町。デニス王が、イザベル王妃にオビドスをプレゼントしたことも有名で、別名“王妃村”(Vila das Rainhas)とも呼ばれている。 オビドス 旅行・観光ガイド 2018年 - トリップアドバイザーhttps://www.tripadvisor.jp/Tourism-g189160-Obidos_Leiria_Distr ...

ポルトガル北部

ポルトのボリャオン(Bolhao)市場に行ってみた

メトロのボリャオン駅(Blhao)から、歩いて5分ぐらいのところにあるボリャオン市場(Mercado do Bolhao)に行ってみました。大きな市場で2階建てになっています。果物や魚、肉、野菜、花、パン、民芸品などたくさんのものが並んでいました。観光者向けというよりはポルト市民の利用が多い感じです。 ポルトガルって果物のイメージないけど、たくさん並んでます。 野菜も豊富で、新鮮そう。 おいしそうなパンが並んでますねー。 雑貨や民芸品のようなものも。 2018年 Mercado do Bolhaoへ行く前 ...

ポルトガル北部

ポルトの街を散策

町を散策 クリスマスが近いこともあり、ポルトの町は買い物客で賑わってる感じ。 観光客より地元が多い感じがしました。宗教色も強いポルトガル、クリスマスは完全に家族で家で過ごす空気が漂ってます。 ボリョン市場へ ポルト市民の台所という感じのローカルな市場。野菜や果物、スパイス、花、肉、民芸品など色々ありました。自炊の材料調達にはかなり重宝。 サン・ベント駅(S.Bento) 四方の壁にアズレージョの装飾が施されていて素敵な空間。 ポルト大聖堂(Se do Porto) ポルトで最も古い建築物で、ドウロ川を見下 ...

ポルトガル中央

フンダンからピオダン経由でポルトへ

フンダオのホテルは朝食付き。ボリュームたっぷりなのでゆっくり楽しむ。 ホテル サマサ フンダオン(Fundão)– 2018年 最新料金https://www.booking.com/hotel/pt/samasa-fundao.ja.html?aid=1416356Fundão、ホテル サマサ フンダオン – 予約はすべて最安値保証!Booking.com:クチコミ532件、 写真42枚を提供。 まずはPiodaoへ 今日は、コビリャン(covilha)とコインブラ(coimbra)の中間あたりにあるピ ...

ポルトガル中央

巨石の村モンサントを散策しフンダンへ

シンプルな宿の朝食。YHAの朝食はみんな同じ。 給食というか配給というかなんか悲しくなる。 エストレラの高原をドライブ 今日は、石の村として有名なモンサントを散策し、フンダンまで移動。 なかなかの峠道で楽しかった。結局どこの国行っても同じような場所を好んでる。 石の村モンサント(Monsanto) モンサントに向かって走っていくと、山の斜面にオレンジ屋根の集落が見えてくる。モンサントの村の家は、岩をそのまま利用してるというか、岩を壁にしてくっつけて建てた家が多い。なんでわざわざこの場所でこんな造りにと思い ...

ポルトガル中央

トランコーゾーアルメイダーコビリャンへ

Alojamento Local Dom Dinis の朝食が、超豪華でビックリ!ほんとこのホテルおすすめ。 おいしくいただいて、さあ出発。 Alojamento Local Dom Dinis(Trancoso)– 2018年 最新料金https://www.booking.com/hotel/pt/residencial-dom-dinis.ja.html?aid=1416356Trancoso、Alojamento Local Dom Dinis – 予約はすべて最安値保証!Booking.com: ...

ポルトガル北部

ギマランイスーアマランテーラメゴまで移動

YHAは朝飯付き。 うーん、かなりシンプル。 ポルトガルのこの固いパン嫌い。 今日は、ラメゴ(Lamego)まで移動。約1時間ちょと走り、アマランテ(amarante)に寄る。 美しい町アマランテ アマランテは、タメガ川沿いの自然豊かな町で、サン・ゴンサーロ橋の景色や立派なサン・ゴンサーロ教会が有名。長閑なこじんまりした町(´。•ㅅ•。`)♪ アマランテの歴史は、石器時代まで遡るらしい。ローマとエルサレム間の巡礼地として、古くから教会や修道院があり、さらに19世紀初めに地元軍がフランスナポレオンの攻撃を逃 ...

ポルトガル北部

レンタカーでポルトからギマランイスへ

今日はポルトからレンタカーを借りて、大西洋側を北上し、ヴィラ・ド・コンデ(Vila do Conde)という町を経由し、そこから東側にあるギマランイス(Guimarães)まで移動。 ポルトの空港で車をレンタル 初ポルトガルでの運転なのでちょっと緊張。右側車線だし、縦列駐車多いしいろいろ大変。レンタカー1号はフォルクスワーゲン。 レンタカー 格安, 比較 車 レンタル価格 - Rentalcars.comhttps://www.rentalcars.com/Home.do世界 53,000 以上の場所での ...

ポルトガルまとめ

ポルトガルの年末年始 (年越し編)

ポルトガルで過ごす年末年始。リスボンでの年越しの様子と、ポルトガルの美しい写真並べるよ!

ポルトガルまとめ

ポルトガルの年末年始 (クリスマス編)

12月13日ポルトガルに入国。基本的には田舎を周る旅でしたが、クリスマスはポルト・年越しはリスボンと決めてました。 この2大都市に興味があったわけじゃなくて、地方の店は全部クローズすると思ったから。 超カトリックなポルトガルなのにクリスマスに特別感がない アジア人が真似るクリスマスというのは欧米、とくにヨーロッパをイメージしてますよね。本場というのも変ですが、こちらはテキトーにライトアップしてサンタの看板並べるくらい。ポルトガルはワイン、チーズ、生ハム産地なので年中食べてる。 お菓子↓も、彼らにとっては郷 ...

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.