フンダンからピオダン経由でポルトへ

更新日:

フンダオのホテルは朝食付き。ボリュームたっぷりなのでゆっくり楽しむ。

まずはPiodaoへ

今日は、コビリャン(covilha)とコインブラ(coimbra)の中間あたりにあるピオダン(Piodao)という村に寄って、ポルトに戻る。

N238号線でピオダンに向かう。途中は、山が連なった気持ちいい景色が続く。

山間部の奥にあるため、クネクネの林道をひたすら走り、およそ1時間半で到着。
数件の土産屋さんとレストランがある。

この村は、ポルトガルの他の村の雰囲気とは全く違い、オレンジ色の屋根は見当たらない。結晶片岩という石積みの家で、屋根も同じ片岩で作られてる。

白塗りの壁で、ひときわ目立つ教会。

窓やドアなどの色が青く塗られている家が多い。何かで読みましたが、村に唯一あったペンキ屋に青色のペンキしかなかったためだとか。岩の色が渋いためひときわ青色が映える。

独特の雰囲気をかもし出す石積みの家。屋根や石畳、階段まで同じ片岩で作られています。

夜には家の灯りで村が浮かび上がり、やんわりとした感じになるみたい。村には宿泊施設もあったので、一泊するのもいいかも。

[LocketsGMaps placeid="ChIJJ0Bw7_TSIg0R_jS6H0oTkfo"]

ポルトへ

さあ、ポルトに戻ります。
6日間借りたレンタカーの返却のため、ポルト空港へ。

好立地の安宿

今回の宿は、メトロのボリャオン(Bolhao)駅から、歩いて5分程度のところにあるホステル「Cool Hostel」。移動の中心となるサオ・ベント(S.Bento)駅までも歩いて10分程度のロケーションで便利。Bolhao市場にも近い。

あー人がたくさん、都会だ~。久しぶりにこんなに人間見た。

せっかくの都会なのに近くのフードコートでゴハン。なかなかおいしい。

バスや電車を駆使して旅する人もいるみたいだけど、やっぱりレンタカー様様です!
行ける場所、見れるもの、時間の融通が何百倍も広がるもんね。
年明けのレンタカー2号までは電車の旅。
さて、ポルトガルでのクリスマス&年越しが始まります!

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ポルトガル中央
-, ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.