ネパールビザと料金。入国前にオンライン(web)で申請する方法と書き方のコツ

投稿日:

ネパールに入国するにはビザが必要となります。東南アジアでは2週間以内はビザが不要な国も多いですが、ネパールは1泊でも必要。

空港到着時にアライバルビザを取得することもできますが、前もって日本でオンラインビザを申請しておくことができます。
つまりビザを発行するのに必要な情報を家のパソコンで入力して申請しておくか、空港の機械で入力するかの差です。お金を払うのも、正式なビザを受け取るのも空港なので、バタバタした空港で列に並んで入力するより、家で申請しておくほうが楽だと思います。

注意ポイント

オンライン申請で発行されるバーコードの有効期間は2週間です。出発日の2週間以上前に申請しないこと!

ネパールビザ 金額

15日間ー25ドル
30日間ー40ドル
90日間ー100ドル

15日までの延長は一律30ドル、それ以降は1日につき2ドル加算されます。

私は今回45日滞在。つまり30日ビザと延長ビザで70ドルかかります。
つまり46日以上滞在するなら90日ビザとなります。

15日延長ビザは1日でも10日でも一律30ドルなので、2週間くらい滞在しないと損です!

ビザ申請 情報入力

下記URLから申請します。

ミスなくしっかり記入する項目は、名前、国籍、生年月日、パスポートナンバー、パスポート有効期限日、ネパール入国日/出国日です。

Immigration
Immigration

ネパールオンラインビザ申請のページへ

 

上記以外についての注意

日本の住所欄:しっかり書く必要はありません。そもそもフォームがおかしいので、番地・県名・郵便番号だけでもOK
たとえば、3897 Tokyo 1020083 など。「ー」ハイフンはエラーになるので入力しないこと。

ネパール住所欄:ほとんどの人が初日はカトマンズに泊まると思います。ちなみにネパールには住所らしい住所が存在しません。
Thamel 29 Kathmandu Kathmandu でOKです。ホテル名や、詳細番地など不要です。(29というのはタメルの自治体番号です)

職業:空欄でもOK。真面目に書かず適当で(Sales, Hotel, Engineerなど)。
TEL:いちおう携帯番号でいいと思います。かけてこないので大丈夫。

どこのビザを取るときも同じですが、住所や仕事を調べられるわけでもなく、電話もメールもこないので大丈夫。

 

よく年配者に入国カードやビザが書けないから、英語ができないからツアーで行くんだと言われますが、どうでもいいことを気にするから混乱するのだと思います。
必要なのは名前、生年月日、国籍、パスポート、有効期限、入国日です。
機内で配られる入出国カードも同じ。

写真を添付する

普通ビザの写真って35mm✕34mmだと思うが.....ここでは正方形の写真をアップデートします。
縦長写真を添付したら、写真がつぶれて無理やり正方形にされたので、自分で正方形にトリミングしたものを添付します。
履歴書に貼るような真面目な写真じゃなくても大丈夫です。家の白壁の前で撮った写真を添付しました。

バーコードが発行される

Submitをクリックすると確認画面になります。1~5、12~16の内容を確認して「Confirm」をクリック。

バーコード画面を印刷・ドルを準備しておく

印刷して、入国時に見せて現金またはカードで支払います。
ドルで払うほうが安いと思いますよ。

成田のGPAが安いようですが、時間ある人は新宿の金券ショップなどで両替しておくのがオススメ。

延長ビザ申請

現地でもっと滞在したくなった人はカトマンズやポカラの管理局に行く必要がありますが、初めから30日を超えることが分かってる人は延長ビザも先に申請して空港で払ってしまうと便利です。
新規ビザと同じURLで、「Extension of Visa」 を選択するだけ。
同じようにバーコード用紙が発行されます。

入国管理局で申請する場合は、ポカラかカトマンズで。
午前中に行ったほうがよさそうです。空港と同じく機械に入力し、写真もそこで撮れるようですが、念の為2枚持っていったほうがいいのかも。

ポカラの入国管理局:https://goo.gl/maps/zSrgnpRvPzw
カトマンズの入国管理局:https://goo.gl/maps/X73KgnTzzkz

修正したい、有効期限切れ、家に忘れてきた!

登録されるわけではないので、修正したい、有効期限が切れた、家に忘れてきた場合はまた1から入力して申請すればいいだけです。
私はバーコード画面をPDFにしてEvernoteに放り込んであります。

ポイント

どこへ行くにも念の為持ち歩いているのがコピーと顔写真です。
顔写真はスマホで撮影してコンビニでプリントしたものですが、ぶらぶらするバックパッカーには必需品ともいえます。

・パスポートコピー2~3枚
・顔写真 5枚くらい

空港滞在は1時間以上予想しておこう

フライト到着が時間どおりだったとしても、ビザ申請、支払い、入国審査、荷物受け取り、税関のたびに行列です。
さらに空港で両替、SIMの購入もあれば1時間以上かかるので、少しでも手間を省くためにオンライン申請をオススメします!

それでは良い旅を( ˘ω˘)

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ネパール
-, ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.