巨石の村モンサントを散策しフンダンへ

更新日:

シンプルな宿の朝食。YHAの朝食はみんな同じ。
給食というか配給というかなんか悲しくなる。

エストレラの高原をドライブ

今日は、石の村として有名なモンサントを散策し、フンダンまで移動。
なかなかの峠道で楽しかった。結局どこの国行っても同じような場所を好んでる。

石の村モンサント(Monsanto)

モンサントに向かって走っていくと、山の斜面にオレンジ屋根の集落が見えてくる。モンサントの村の家は、岩をそのまま利用してるというか、岩を壁にしてくっつけて建てた家が多い。なんでわざわざこの場所でこんな造りにと思いますが。。。

このモンサントの村は、1938年に行われた「ポルトガルで最もポルトガルらしい村」のコンクールで、優勝したらしい。

山を登るにつれ大きな岩が点在してくる。

地形や岩をそのまま利用して家を造ってる。
それにしても、あえて岩の隙間を家にしなくてもいいような。

崖のような傾斜地に村があります。
うーん、不便極まりない。。。

家も時計台も石積み。

村を周るには急な坂道や階段が多いけど、楽しく見て回れた。ただ観光地の村というか、テーマパークに来ているような感じ。
「最もポルトガルらしい村」で優勝ということは、昔ながらのポルトガルの家は、こんな感じなのかー!?

車で行く場合は、村の入口の駐車スペースに停めた方がいいです。村の中に車で入って行くと道が狭い上、急坂でかなり辛い。

モンサントを後にし、今日の宿泊地、フンダンへ。

途中、夕焼けがキレイだったので、車を停めしばし鑑賞。

フンダン(Fundao)に宿泊

およそ1時間半で到着。
宿は、Hotel「Samasa」。フンダンの町中にあり、不便さはない。

都市部なのでレストランやバーがたくさんありました。
今日は近くのカフェのようなところで簡単に済まして終わり。

食事飽きたなー エスプレッソも飽きたー

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ポルトガル中央
-, , ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.