絶景ハイキング!白馬の八方池へ行こう

更新日:

長野県で1番手軽に山の絶景を見る場所を聞かれたら「八方池」と答えてます♪
リフト降り場(八方池山荘)から往復で3時間。子どももお年寄りも歩けて、「登山者」にしか見れないような絶景が広がります。

私の今回の予定は八方尾根から唐松岳へ行ってテント泊。翌日に五竜岳へ登って遠見尾根から五竜スキー場へ下る計画です。
前日は第二駐車場(八方の湯駐車場)で車中泊。
早朝に八方ゴンドラ駅前の駐車場(有料)に停めてスタート。
※写真クリックすると拡大します
リフトや駐車場の情報ってホント分かりづらい。特に八方尾根は八方ゴンドラ、ゴンドラアダム、アルペンライン・・・と名前が様々。運営組織が違うのでHPも分散されていて迷子になる(๑•̆૩•̆)
とりあえず下記↓が1番見やすいかな。黒菱駐車場に停めればリフト1本で八方池山荘へ行けます。リフト運行時間は変動するので必ずチェックを!

ゴンドラから八方池山荘へ

ゴンドラと、リフト2本を乗り継いで八方池山荘へ到着。
ゴンドラ乗り場や八方池山荘前には軽食やお土産店があります。スイーツや果物など誘惑がいっぱい。

八方池山荘から八方池へ

ハイキングスタート!八方池までは約1時間半。まずは綺麗に整備された木道階段です... これがつらい。

石神井ケルン

40分ほど歩くと石神井ケルンに到着。階段上りに疲れたら小休憩を。

2800~2900mの山々が連なります。右から、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。

振り返るとリフト乗り場と白馬村が遥か下に!天候によっては雲海になりますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

第2ケルン(息ケルン)

ここはすでに2000m超え。トイレもあり、周辺も広々していて展望も最高!

右から、ドーンと立ちはだかる天狗平。ものすごい角度で落ちているのが天狗の大下り。それから続くのが不帰の嶮と呼ばれⅠ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰と続きます。左側にある(写真の中で最も高い場所)が唐松岳です。不帰キレットは三大キレットの1つと呼ばれる上級者向けのルートです。そういう場所は見てるだけで良いかなー(¯―¯٥) どんどん山が近づいてきた...!
第二ケルン(息ケルン)から八方池まではガレ場(岩や石がゴロゴロしている)が多くなりますが20分くらいなので頑張って!
基本的には登り優先です。適度に挨拶しながら譲り合って歩きましょう。

八方池

第3ケルンが見えてきたら八方池に到着!もちろん絶景の前でランチタイム!!
ケルンのある高所から眺めながらも良し、池畔まで降りて迫ってくる岩壁を見ながらも良し。ほとんどの人がこの場所で長休憩をとってのんびりしています。
リフトを降りてから1時間半。絶景を見渡しながら整備された道を歩き、到着すると山が映し出された八方池。ゴンドラやロープウェイ利用の手軽なハイキングコースはたくさんありますが、こんなに迫り立つ高山を目の前に歩くコースは他にないです!
クロサンショウウオがうじゃうじゃ。(オオサンショウウオがいるって書いてるブログがありますが...いません。)

高山植物がいっぱい!

今回見かけた高山植物(9月10日)。たぶんもっとあったけど撮る余裕がなかった...

同じ道を下って駐車場へ。
リフトって下りの方が怖いよねー

「登山」に興味がなくても、散歩しながら楽しんでもらいたい絶景コースです。晴れた日、紅葉時にお弁当持って出かけましょう!
八方尾根ハイキングマップ

注意

手軽なハイキングコースですが、標高は関係なく、夏でも羽織るもの、レインコート、水は必携!
個人的にヒートテックはおすすめしません。やっぱりウールが一番暖かいかな。



旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ゆるい登山
-,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.