ギマランイスーアマランテーラメゴまで移動

更新日:

YHAは朝飯付き。
うーん、かなりシンプル。
ポルトガルのこの固いパン嫌い。

今日は、ラメゴ(Lamego)まで移動。約1時間ちょと走り、アマランテ(amarante)に寄る。

美しい町アマランテ

アマランテは、タメガ川沿いの自然豊かな町で、サン・ゴンサーロ橋の景色や立派なサン・ゴンサーロ教会が有名。長閑なこじんまりした町(´。•ㅅ•。`)♪

アマランテの歴史は、石器時代まで遡るらしい。ローマとエルサレム間の巡礼地として、古くから教会や修道院があり、さらに19世紀初めに地元軍がフランスナポレオンの攻撃を逃れた重要な地としても知られているとのこと。

タメガ川に架かる「サン・ゴンサーロ橋(Sao Goncalo)」の景色。
この橋は16世紀に建てられ、戦時中多くの貴重な建造物が焼き払われる中、兵士が橋を守ったそうです。

橋には、アズレージョ。

サン・ゴンサーロ教会

守護聖人ゴンサーロは、縁結びの神様として有名で、毎年1月と6月に、サンゴーロ祭が催される。この祭りには、良縁を求め各地から多くの独身女性や観光客が訪れるそうです。
日程が合えば祭りを見てみるのもいいかも。

[LocketsGMaps placeid="ChIJ47J5DPC-JA0R7gV_bgHmbcM"]

アマランテの町並み

石畳の路地が続いてよい雰囲気。昨日より人がいる。

ちょうどマーケットが開催されていて大勢の人で賑わってた。
鮮魚や野菜、衣類、土産などローカルなマーケット。

 

ノッサ・セニューラ・ドス・レメディオス教会

アマランテを出発して、約1時間半で、ラメゴに到着。
町を見下ろす丘の上に、ノッサ・セニューラ・ドス・レメディオス教会(Santuário e Escadório de Nossa Senhora dos Remédios)があり、街のシンボルになってる。

丘の上に建つ教会までは600段以上ある階段を登らなくてはいけない。。私は車で行きました(-_\) 丘の上からの景色が良いので下るのは気持ちいいかも。

上方の壁一面に巨大な美しいアズレージョが施されてます。

ポルトガルには口から水が出るモニュメントが多い気がする。なにか意味があるのかも知れないが、ちょっと不気味に見える。

丘の上からは、オレンジ屋根のラメゴの町が一望できる。

夜には、ノッサ・セニューラ・ドス・レメディオス教会がライトアップされ、浮かび上がるような感じでキレイ。それにしても誰もいない。

やはりこの時期には、各町にクリスマスツリーが飾られてる。
雨ということもあったけど、教会前広場は閑散としていて誰もいない。

[LocketsGMaps placeid="ChIJdeek6GOrJA0R-3diSpAA9OY"]

なんとか宿を発見

宿を予約していなかったので、とりあえず宿探しのため街をぐるぐる回るが意外とない。。。何とか空いていた宿Solar Do Espirito Santoを見つけチェックイン。

1階がレストランになっているホテルなんだけど、宿のレセプションは裏通り側にあり基本誰もいない。廊下も暗いしなんか営業していないような怖い空間。

TripAdvisorを見たら★★☆☆☆じゃないか。。(@_@)


意外に宿泊施設が少ないので、ラメゴに宿泊する場合は、事前に予約した方がいいかも。
TripAdvisorにも6軒しか登録がないので、しっかりチェックしておきましょう。

 

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-ポルトガル北部
-, ,

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.