Airbnbを退会する日も近いかな

更新日:

あえて「民泊」とは言いたくないのですが、我が家では人を6人まで泊めています。チープな流行りに乗っかったわけではなく昔からホームステイホストとして海外から招いていたし、自分も海外で人の家にお世話になることも多く旅人の交流目的でのオープンスペースです。

Airbnbは当初それはそれは良いシステムで、5年くらい前に登録してかなり利用させてもらいました。それが3年くらい前から日本の楽して儲けようという輩により陳腐な情報が拡散されトラブルも続出し、使ったこともない人たちの噂レベルの話が膨らみ民泊新法までできあがった次第です。田舎ではそのまたさらに表面的な情報だけであーだこーだと騒いでる始末。
Airbnb=民泊=交流と経験重視のホームステイではないんだけど。

ここで1番変わったのはAirbnbだ。手のひらを返したかのようなシステムの変更、商業予約システムとして成り下がり、中途半端に「家に泊めよう体験してもらおう」を掲げたままだから厄介で誤解が生まれる。それはホスト・ゲスト両者に「思ってたのと違う」気持ちにさせていて、一般のホテル予約サイトよりたちが悪い。

日を追うごとにしれーっと変更されるシステム

かつではもっとシンプルなシステムで“人の家に泊めてもらう、自分の家に招待している”という両者の了解で成り立っていたと思う。そこには施設以上にヒトにスポットが当たっていて、多少の不便があってもレビューの高いゲストとホストが出会える機会、楽しむ時間を提供するのがAirbnb最大の特徴であったと肌で感じています。

ところが通知もなく料金設定、振込先、レビューシステム、今すぐ予約の強要などどんどん変化している。
そしてカネ目的の商用システムに成り下がった挙句、システムがついてきてない。
去年なんてほとんどスマホとPCが同期されてなくて、登録変更しても反映されていないのが当たり前の状況。

今回また営業妨害されたのが料金設定。
「料金設定」の画面と「カレンダー」という画面から設定変更ができるのだが同期していない。リスティングでは変更したのに、カレンダーでは過去のままになっていた。不思議なくらいこの部屋に予約も問い合わせも入ってこないため気付いたというもの。

現状はどうなのだろう。ホストや利用者が増えたのかもしれないが、本当に日本を知ってもらおう、知りたいと思っている人間は退会しているかもしれないね。

|ω・。)ノでわまた

旅でも登山でも愛用してます!


▶カリマー プロの冒険家が信頼する性能を備えたアウトドアブランド



-コラム, 旅のコツ
-

Copyright© しーたび seetabi , 2019 All Rights Reserved.